病気は結果である

web-img_1054では、なぜ人は死に、また病気になるのでしょうか?

ある人が体調が悪くて、病院に行きました。そこで検査をしたら、血糖値がとても高いことがわかったのです。では、体調が悪かった原因は何でしょうか?

「血糖値が高いこと」これが原因だと思って、多くの病院では血糖値を下げる薬を処方します。糖尿病撲滅のために、血糖値コントロールを施策として決定したところ、さてその10年後、糖尿病はどうなったでしょうか?減るどころかますます増えていました。

なぜでしょうか?なぜなら、原因を見誤ったからです。血糖値が高いことは病気の原因ではなく、「結果」です。なぜ血糖値があがってしまったのか、その原因をつきとめて取り除き、その一方、健康な血液が循環できる状態にしないかぎり、病気が治ることはありません。

では、病気が結果だとすると、その原因は何でしょうか?